サイト内検索

最近のトラックバック

BBS

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/30

[映画]薬指の標本

観て来ました、ディアーヌ・ベルトラン監督の「薬指の標本」。

オープニングの試験管のアップや、サイダー工場のベルトコンベアを流れていくサイダー壜。液体の中で揺れる泡がスクリーンの上ではじける様子……、つい、自分のブログ左上の画像を思い出してしまいました(笑)。光、色彩、質感、衣装、すべてがとても美しく、映画館の大きな画面で見ることができて良かったです。めいっぱい官能的なシーンは、朝っぱらから(朝一番の回を観たので)「わ、わー(鼻血)」でしたけど(^^;;;)。

ベス・ギボンズの歌や、遠い部屋から響いてくるピアノの音なども、情感をじわじわ刺激してくれました。サントラがもしあったら欲しいですが、今のところ無いのかな?

監督は小川洋子の原作小説を深く読み込み、さらなる広がりや肉付けを加えていました。原作には無く、監督が独自に付け加えたのが、標本室の事務員を務める主人公のイリスが、港で働く男と安宿をルームシェアをするという設定。昼間働くイリスと、夜間働く男は部屋を同時に使うことはないのですが、部屋に残された互いの衣服や、持ち物などを通じて徐々に互いの存在を意識し始めます。朝イリスが出勤し、男が部屋に戻る時すれ違ったりするうちに、シェアしている相手があの人だ…と互いに気付くようになる過程が密やかで、良かったです。このエピソードを加えることで、他の男性という選択肢もあったけれども(港の男、かなりの男前~)、あえてイリスは標本技師に自らの意志で囚われていったということが強調されています。

唯一、難を言えば、原作では主人公が和文タイプの活字盤の中身を床にぶちまけてしまい、標本技師が凝視する中、夜通しかけて拾うシーン。アルファベットのお国ではそんなに大量の活字をぶちまけるというシチュエーションが作りにくかったのか、なぜか中国人が標本化してほしいと持ち込んだ麻雀セットをぶちまけたことになってました。日本人の私の感覚としては、麻雀はこの映画に似合わないのではないかと(苦笑)。しかも、いくら全部ぶちまけてしまったって、拾うのに一晩もかからないでしょ!と思ってしまうじゃないですか。そこだけ惜しかったです。たしかに、床にはいつくばる若き美女と、一切手伝わずに凝視する白衣の男っていうのは、妖しいムード満点ですけどねぇ。。。

ところで、この標本室で作られる標本は、普通の標本ではありません。火事になった自分の家の焼け跡に生えていたキノコ、別れた恋人が作曲してくれた曲、飼っていた小鳥の骨。「多くの人は自分から遠ざけたい物を標本にする。」依頼人は、繰り返し思い出し、懐かしむためではなく、封じ込め、分離し、完結させるために品物を持ってくるのです。
「標本を必要としない人間なんていないさ」と、技師は言います。ミステリアスな技師の魅力に囚われていったイリスは、以前サイダー工場で働いていたときに欠けてしまった薬指を標本にしてもらうため、標本技術室へと踏み込んでいくのですが……。

最初は、この「標本」というのがピンとこなかったのですが、だんだん分かってきたような気がします。自分にとって大きな意味を持っているけれども、抱えているとしんどくなるもの。捨ててしまうことはできないけれど、遠ざけて封印しておけば、生きるのが少しは楽になるのではないかと思えるもの。皆さんには何かありますか(笑)?

長年生きていると、そういう物ってどんどん増えてきているような気もしますが(45リットルごみ袋が満杯になったらどうしよう? 苦笑)、あえて一つ選ぶなら。
私は両耳のピアス・ホールでしょうか。自分の中に開けられた、「自分ではない」部分。
どうかこれを標本にして下さい。

2006/10/28

alva noto + ryuichi sakamoto / insen ('05), vrioon('02)

坂本龍一の何が一番好き?と聞かれたら、私は、彼の指がピアノから引き出す音の「響き」、と答えます。メロディーやアレンジなども好きなのですが、坂本龍一の奏でる「響き」そのものにどうしようもなく惹かれる。そんな私が欲していたのは、まさにコレ!insenの1曲目、auroraを聴き始めた瞬間、そう思いました。

このコラボは、基本的に教授のピアノとAlva Notoの電子音から成り立っています。ピアノと電子音と言えば、Brian EnoとHarold Buddの名作The Pearlをまず連想するのですが、あちらよりも抽象度が高いです。

ブランクーシの彫刻のようにひんやりと連なるピアノの響き。その狭間に、背後に、電子音が粒立ったり、波のように行き来したり、たちこめては消えたりしていきます。ピアノが超然と響いているのに対し、私にはこの電子音がなんとも「人間的」に聴こえてきて、面白いです。気持ちのざわつきとか、不安の訪れなどの、かなり人間くさい感情が規則正しい音のパターンに抽象されているような。

revepの記事にも書きましたけれども、入手するのに回り道をしてしまった2枚でしたが、better late than never。出会えて良かったです。

Vrioon
vrioon ('02) (HMV

Insen
insen ('05) (HMV, iTS)

2006/10/27

小川洋子「薬指の標本」

Kusuriyubi
「薬指の標本」

いけない、いけない、と思いつつ手にとってしまった本。
なぜ「いけない」かというと、週末、この短編をもとにした映画を女友達と観にいく予定にしているから。
(みなさーん、体調は万全ですかー?^^)

小説と、それをもとにした映画の両方を鑑賞するとき、小説を先に読むと失望することが多いような気がしています。小説の方が心理描写を緻密にできるし、映画よりも複雑なエピソードを密度濃く詰め込むことも可能なので、小説を読んだ後で映画を観て物足りなく感じてしまったことが何度かありました。順序が逆だったら、映像で表現された空気の奥底にさざめいていたのはこういうものだったのだなと、新たな発見をしながら小説を読むことができたかもしれないのに。読んだことのある小説が後から映画化された時は、仕方がないですけれどもね。

ということで、映画を観るまで手を出さないつもりだったのですが、つい、我慢できずに読んでしまったのです。でも、この内容なら、映画を後から観てもがっかりはしなさそう…と、ほっとしています。それは、小説として物足りないという意味ではありません。

時系列とともに展開していく物語というよりは、一枚の絵のような短編だと思いました。出来事の進展も、登場人物の心も、論理的な因果関係とは無関係に、不条理な空間の中にすうっと吸い込まれていってしまう。まるでデルヴォーかマグリットの絵画に紛れ込んだような感覚。

このシュールな不条理空間が、映画でどのように肉付けされているのか、とても楽しみです。

ちなみに、監督はディアーヌ・ベルトラン、音楽はポーティスヘッドのベス・ギボンズ(拙ブログ記事)!この映画については、azzaroさん記事で知りました。azzaroさん、thanks♪

映画「薬指の標本」公式サイト
(東京では渋谷ユーロスペースにて11月3日まで)

2006/10/25

alva noto + ryuichi sakamoto / revep ('05)

日頃の行いが悪いのか、なんだか縁が無いのか、noto+sakamotoモノがなぜかずっと手に入らずにいました。insenvrioonも、アマゾンからさんざん延期メールを貰った挙句「やっぱり手に入りませんでしたー」で叩きのめされたもので。(今見たらHMVで在庫ありますね。買っちゃお!!……それにしてもジャンルが「ダンス&ソウル」!?激しく違う気がします 笑)

このrevepもだいぶ前に注文していたのに、届いたのが数日前。でも、noto+sakamotoコンサートに間に合って良かった!私はハロウィンの日の、フォーラムに行きます!

Revep
revep

どこまでもクールなのに、叙情性豊かなエレクトロニカ。頭の中がこんがらかった時、気持ちがオーバーヒートして疲れてしまった時、メントールのように働きかけてくれそうです。

3曲目はax Mr.L.というタイトルなのですが、「Mr.L.」と言えば、もちろん条件反射で「あの曲」を連想しますね!(よく見たらクレジットにも親切に書いてあった)
タイトル通り、「あの曲」が解体されてます。波の中に断片が浮かぶようなイメージ。。。頭の中でこんがらかっているモノも、このようにときほぐされて、波間に漂っていくでしょうか。

2006/10/16

上出由紀展2006

昨年の個展の時も記事をアップしたのですが、友人の上出さんの個展です。

今日からなので私はまだ行っていませんが、ポストカード(消印が付いちゃってる画像ですみません)を見る限り、写真に油彩を重ねた由紀さんワールドがさらに深まっている印象です。

以前も書きましたが「この風景、私も見たことがある!」という既視感があるんですよね。。。その既視感の視線が年々優しさを増しているように思えます。
(由紀さーん、トム・ヨークのソロ聴いた? 笑)

Yuki2006

お時間のある方はぜひ。

2006年10月16日(月)~21(土)
11:30a.m.~6:30p.m.(最終日5:30p.m.)
ギャラリーなつか 
03-3571-0130
(銀座4丁目の交差点からほど近くです)

2006/10/13

フレンチなしあわせのみつけ方

昨日の「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」に引き続き、またシャルロットの実夫イヴァン・アタル監督による夫婦共演作です。

こちらは原題がIls se marièrent et eurent beaucoup d'enfants、平たく訳せば「彼らは結婚して、たくさんの子どもができましたとさ」という感じでしょうか。(この時制は半過去でしたっけ?>しゃるろっと先生)「フレンチなしあわせのみつけ方」は、観客をたくさん呼べそうな邦題かもしれませんが、内容に合っているかはちょっとギモンです(^^;)

というのも、シャルロットとイヴァンが演じる夫婦は、かわいい男の子が一人いて一見幸せそうだけれども、実は夫には愛人がいるのです。そして、それに気付いている妻は苦しみながらも夫に何も言えずにいます。イヴァン(映画の中ではヴァンサンでしたっけ)には気の強い妻とケンカが絶えないジョルジュと、モテモテの独身貴族ながら実は結婚して落ち着きたいと考えているフレッドという二人の親友がいて、この三人の男の本音が随所で炸裂。笑わせる場面もいろいろあるのですが、ひらがなを使ってほのぼのとした雰囲気を出している邦題に反して、むしろ、男と女の幸せってなかなか難しいね、というほろ苦成分が強い内容なのでした。

イヴァンが演じている、妻と愛人のどちらか一人を選ぶことができずにズルズルひきずっている男性は下手をすると「いい加減なオトコね!オンナの敵だわ!ぷんぷんっ!!」と嫌悪感を誘うだけの存在になりかねません(特に女性の目にはね)。が、ここはイヴァンの見せ方の上手さ。愛人の部屋から出るときの狂おしいまでの去りがたさ、プレスリーのCan't Help Falling In Loveを聴きながらCDの整理をする妻のうなじに目がとまったときにかきたてられる想い。両方の女性に対する気持ちの強さが画面からこれでもかとにじみ出てきて、「かーーっ!これはたしかに選べないかも……」と、つい納得……はしないまでも、「なかなか道徳の教科書のようには割り切れないこともあるよねぇ」と遠い目にさせる説得力がありました。全体的には説明的な描写がかなり省かれていて、どこまでが現実でどこまでが想像なのか分からないところもたくさんあるのですが、強調すべきところは丁寧に見せている、そのメリハリが印象的です。

最後の方で、息子を学校(幼稚園?)に送っていく途中、ヴァンサン(=イヴァン)が質問責めにされるシーンがあります。
「価値ってなあに?」
「価値は誰が決めるの?」
朝のあわただしさのせいか、「価値を決めるのはフランス大統領さ!」なんてテキトーな返事を返したパパですが、この子どものイノセントな問いかけこそ、監督がいちばん観客に投げかけたかったもののような気がします。

で、音楽ですが(笑)。私には最高としか言いようが(笑)。
だってレディオヘッド!ヴェルヴェット・アンダーグラウンド!使い方も絶妙だし。
シャルロット観たさで借りてきた「僕の妻は…」と「フレンチな…」でしたが、イヴァン・アタルの監督として、役者としての魅力、そして音楽の趣味にすっかりやられた私でした。
もちろんシャルロットのナチュラルな佇まいも、何とも言えないほど素敵でしたよ。

「フレンチなしあわせのみつけ方」オフィシャルサイト

Ilssemarierent
[DVD]フレンチなしあわせの見つけ方(アマゾン、 タワレコ

Ilsseost
輸入盤サントラ(タワレコ

2006/10/12

僕の妻はシャルロット・ゲンズブール

シャルロット・ゲンズブール20年ぶりのセカンドアルバム「5:55」が気に入ったこともあって、シャルロット出演映画をいろいろ観てみようと思い、借りてきました。

シャルロットの実夫イヴァン・アタルが監督、そして夫役で出演しているこの映画。ぷふふ……面白かったです(笑)。「ぎゃはははー!」な抱腹絶倒ではなく、「くすくす、うふふ、あはは」な笑いにくすぐられました。古きよき時代のコメディのようなシンプルさに好感が持てます。あまりにシンプルなので、あらすじを書くのもやめておきましょう。これから観る方はあれこれ知らないほうが楽しめると思うので……。

で、ついつい映画を観ていても音楽が気になってしまう私ですが、まずオープニング・クレジットの「musique originale BRAD MEHLDAU」にのけぞりました。ここのところ、ちょうどかくさんtaknomさん のブログでアルバム「Metheny Mehldau」が気になっていたので……。そうですか、ブラッド・メルドーが音楽を担当していたとは。(アルバムLargoについての拙ブログ記事)あ、サントラも出ているんですね↓。

あと、The ClashのLondon Callingのベッタベタな使われ方に吹き出しました(笑)。好きだなー、そのセンス(爆)☆

以下、関連アルバムのジャケとリンクをぺたぺた貼っておきます。

Dvdmafemme
[DVD]僕の妻はシャルロット・ゲンズブール

Mafemme
僕の妻はシャルロット・ゲンズブール(サントラ)

555_1
Charlotte Gainsbourg / 5:55 ('06)

Methenymehldau
Pat Metheny & Brad Mehldau / Metheny Mehldau ('06)

Largo
Brad Mehldau / Largo ('02)

London_calling
The Clash / London Calling ('79)

2006/10/10

Beck / The Information ('06)

先日、ベックについて あんなエントリを書きましたけど、新譜到着☆

Theinformation
Beck / The Information ('06)

ご存知かと思いますが、このアルバムはシンプルな方眼のデザインで、付録ステッカーでリスナーが好みのジャケットにアレンジできる趣向になっています。開けてみてステッカーの種類が予想以上に多くてびっくり。そして、みんなカワイイ~~(萌)!!くぅ~~!!もったいなくて貼れませんよ~!
Buffalo Daughterの付録折り紙同様、子どもの餌食になる前にしっかり隠しておかないと。

音の方はどうかというと、すごい気合入ってます!Guero('05)がフツーのポップ・アルバムに思えてくるほど(ポップなのは確かですが)。1曲目Elevator Musicの出だしの音、というか「空間」にいきなりやられました。妙に金属的な、異次元との狭間みたいな空間の中でヒップホップが炸裂している感じです。
ベック+ナイジェル・ゴッドリッチって、音使いもすごいのですが、空間演出に非常にそそられるものがあります。音に凝っているアルバムはもちろん無数にあるけれど、その背景と言うべき部分を意識させるものはそこまで多くないと思うんですね。リバーブのかけ方が同じ曲の中でも音の種類によって大きく変えてあったり、そこらへんの配置感覚が絶妙なのでしょうが、シュールレアリスムの絵画なんかを連想します。ポップで、なおかつアートです。

とにかく聴いていて、「どうしてこの流れでこういうサビメロ?」とか「なんでここにこんな音が入ってくるの?」という驚きがてんこ盛りなのに、ポップソングとしてちゃんとまとまっているという離れ業の連続で。15曲入りで(日本盤はさらにボートラ3曲)、全曲ビデオ付き。
どこまで気合入ってるんですか。
どこまでインスピレーションの宝庫なんですか、この人は。

昨晩聴きながら寝ようとしたら、眠れなくなりました(笑)。そりゃそうだ。

[追記]上の記事を書いた後で付属DVDを見たのですが、笑えた~。
悪趣味&イイ加減な雰囲気満載、なおかつカッコいいツボも押さえられてます。
特に「なんちゃってダメダメ・○ー○○ズ」が可笑しい(笑)。
それにしても、ベックの難易度の高い着こなしにはいつもながら参ります!

Beckオフィシャル

Beck@Myspace

2006/10/07

秋だけどサマソニ

昨晩のトム・ヨーク@NHK POP JAMは、ニュース23より更に脱力してしまいました。彼を知らない人への紹介というにしても、あれで興味を持つ人っているんだろうか?

それはともかく、Gyao音楽チャンネルでサマソニ2006をやっているので(2007年1月1日正午まで)、この連休にちょっとずつ見ようかと思っています。

昨日はMountain Stageの分を鑑賞。これまで聴いたことがなかったバンドで気になったのは、モグワイっぽい65DAYSOFSTATIC、シンプルなリフの繰り返しが印象的だったThe Rapture、ボーカル君が好みだった(笑)PHOENIX(英語曲だけどフランスのバンドらしい)でした。

この春CDを買ったEDITORSもやっていたけど、うーん。CDで聴いてもちょっと「惜しい」感じだったけど、ライブでもやっぱり私としては「惜しい」バンドでした。サウンド自体はエッジのきいていた時代のエコバニを彷彿とさせるクールな熱さが最高なのだけれども、ボーカルに感情を揺さぶるものが足りなくて。まあ、あの単調な感じが逆に好きって人もいるんでしょうが。
ご本人たちには悪いけど、勝手に私が「EDITORS、新ボーカル募集キャンペーン!!」でもやりたいです。
で、イアン・マッカロクが応募してくるっていうのは、どう?(笑)

Editors
EDITORS/THE BACK ROOM ('06)

2006/10/06

がんばるトム

今晩の(正確には明日ですが)NHK 「POP JAM」にトム・ヨークが出る!って話題になってましたが……。MVが放送されるのか、ライブなのか、内容が気になっていたのですが、インタビューなのですね。(BeggarsJapan.comより)
この手のものは見ないと妙に気になるので、午前0時半にビデオをセット!

11月22日には日本での所属レーベル、ベガーズ ジャパンより、B面曲やシングル2曲(Harrowdown Hill, Analyse)のMV入りの日本限定シングルも出るということで、楽しみです。
トラックリスト
01. The Drunkk Machine
02. A Rat's Nest
03. Jetstream
04. Harrowdown Hill(extended Mix)
05. Iluvya
+CD Extra : 2Video Clips

The Drunkk Machineでついつい、
「うーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いーーーーーーーやあぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!」
って一緒にシャウトしてしまうのは私だけ?……ですよね。(ー.ー;)

2006/10/05

Something Blue, Extra @ ICC [セットリスト追記]

昨晩は、月の裏側に連れて行ってもらったような気分でした。

東京オペラシティにあるNTTインターコミュニティセンター(略してICC)で10月4日に行われたSomething Blue, Extra。高橋幸宏さんとスティーヴ・ジャンセン、Her Space Holidayによるイベントです。

続きを読む "Something Blue, Extra @ ICC [セットリスト追記]" »

4 Moon's Live でのSteve Jansenのセットリスト

えー、昨日のICCのレポは書きかけ中でーす。

その前に、本編4 Moon's LiveのSteve Jansenコーナーで演奏された曲タイトルを、ボーカル担当のTimさんにブログで教えていただいたので(Thanks!)、ご報告☆

①女性ボーカルの曲(現時点でタイトルなしらしい)
 スティナ・ノルデンスタムまたはイングリッド・シャヴェズのような女性の声
② Deadman
 ハッキリ言って民謡のような曲(^^;)
 「りんご追分」とか「こきりこ節」のよう……
③Sleepyard
 ジャズテイストなエレクトロニカ
④Amina (仮題)
 デヴィッドの昔のソロのような雰囲気もある内省的な曲
⑤ Get the Hell Out (Nine Horses)
ナイン・ホーセスのニューシングル(11月20日発売予定)
 Money For Allのカップリング曲
 結構ノリがよくてとてもカッコいいです!

ということで、内訳はスティーヴ・ジャンセンのソロ4曲にナイン・ホーセス1曲のようです。
スティーヴのソロアルバムはなんとなくインストで来ると思い込んでいたので、歌物が結構あって意外です。いずれにしても、ステ・ソロもナイン・ホーセスEPも楽しみ!

もう、頭の中にはGet The Hell Outがぐるぐるリピートしている私です。

2006/10/03

明日のICCイベント

高橋幸宏さん、スティーヴ・ジャンセン、Her Space Holidayによる、Something Blue, Extra @ ICC、けっこう「当たりました!」という声をあちこちで聞きました♪

楽しみですね!
ところで、同じ会場で開催された、昨年(2005年)8月の坂本龍一バンドの即興ライブイベントでは、床に体育座りさせられました。私はカプリパンツだったので体育座りでもオッケーでしたが、繊細な素材のスカートを履いている女性がちょっと気の毒でしたよ。

今回もそうなるかは分かりませんが、念のため、体育座りでも惜しくないファッションの方が安心かと思います☆>明日行かれる皆さま

2日の仙台でのExtraはどんな感じだったんでしょうね?

Stevebullettrain

2006/10/02

直島に行きたい。。。

ふと気づくと、もう10月ですね。
10月と言えば、香川県直島にある地中美術館の「直島スタンダード」が始まるではないですか。(2006年10月7日~12月24日/2007年2月24日~4月15日)

(30日の幸宏さんコンサートにシルヴィアンがいたのは、直島関連の詰めで来日したのかもしれません。でも、他に目撃情報が全然ないのが気になります。坂本美雨さんのブログを読んでも名前が出てこないし。。。。あれは幻? ^^;)

もともと地中美術館には一度行って見たいと思っていたのですが、デヴィッド・シルヴィアンが音響を提供するこの企画展があるとなると、もう激しく行きたいです!

でも、直島は遠いなあ……。あい・はぶ・のーまねー だしなぁ……。
せめて、その音源をDavid Sylvian.comでダウンロード販売してくれればいいのに。
あと、Blue Skin Godとか、Wasn't I Joe?とかUnder Ingrid's Wheelみたいなレアものもプリーズ!(と、願いはどんどんエスカレート)

そういえばazzaroさん! ('▽'*)
四国にお住まいでは?……いえ、決して、私の代わりに行ってきて……なんてことは(´o`;;;;)

ライブ三昧が落ち着いたら、9月18日付のNew York Times記事を訳してみようかな~、なんて思ってます。しかし、このお写真、カッコいいですね☆

ハイ、すっかりDS(ニンテンドーではなく)モードで10月をむかえた私です。(笑)

ベネッセアートサイト直島

2006/10/01

4 Moon's Live "Something Blue" @ 昭和女子大学人見記念講堂

昨晩「きゃあああ」なエントリーを書きましたが、記憶が薄れないうちに(もうずんずん薄れ始めてるんですけど! 涙)ライブの内容も記録しておきます。月曜日のリキッドも行ったので、今回は気分的に余裕がありました。椅子席なので場所取りであくせくする必要もないし。とはいえ、やっぱり朝からドキドキ&ウキウキでしたけど。

続きを読む "4 Moon's Live "Something Blue" @ 昭和女子大学人見記念講堂 " »

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »